事業者ローンのご利用ガイド~急な出費もお助け隊~

現在の借入額を把握しよう

お金

カードローンの借り換えを検討している方はまず現在の借入件数及び借入金額を出来るだけ減らすことから始めましょう。その上で現在借り入れを行っている金融会社の金利と借り換えを検討している金融会社の金利と月々の返済額をしっかりと比較検討する必要があります。

事業資金調達

ビジネスを始める際に便利な事業者ローンを利用することには様々なメリットがあります。詳しい情報をチェックするならコチラをご覧ください!

急なお金のピンチに見舞われたという場合に安心です。20万円借りる方法をチェックしてみよう。計画を事前に立てることが大切です。

銀行

事業資金を調達する場合、銀行からの融資を受けるとなると審査に時間がかかってしまうので、急な資金需要に対応ができないです。そうなると審査スピードのはやい消費者金融に申込みをすることができますが、消費者金融のフリーローンは総量規制の対象となるローンです。そのため借入金額が年収の3分の1以下に制限されます。そうなると、必要な金額が借りれない、まったく足りないことがおきてきます。そこで、申し込むのが事業者ローンです。事業者ローンは、事業資金調達、事業費として使うことを目的としたローンです。総量規制では、事業費を目的とするローンに関しては適用対象外なのです。そのため年収の3分の1を気にすることなく事業者ローンで融資が受けられます。

事業者ローンは、法人、自営業、個人事業主が事業資金の調達や開業資金を目的として借り入れするローンです。事業者ローンひとつとってもさまざまな商品があります。農業従事者向け、病院や診療所の運転資金向け、賃貸用建物のリフォーム資金向けなどさまざまなローンがあります。また、不動産を担保とする事業者ローンもあります。この商品のメリットとしては、無担保の事業者ローンよりも土地や建物を担保として融資を受けることで信用度が高くなりますので、金利も低く借りることができます。また、長期にわたって毎月少ない返済金額で返済をしていくことができますので、返済計画が立てやすく他の事業にも力が入れやすいといったメリットがあります。

すぐ借りるためには準備

お金

カードローンを即日発行するためには準備が鉄則です。しかし、最近では本人確認書類が不要、ウェブで完結してしまう会社も出ています。今のカードローンはネットを利用することで簡単かつスピーディに借りることができるので人気なのではないでしょうか。

急な出費でのキャッシング

お金

申込みを行った日に借り入れができる、即日キャッシングの人気が高くなっている。申し込み時間や条件などがあるが、それらの条件を満たすことで、申し込み当日にお金を借入できるため、急ぎお金が必要な場合には最適になっている。